使わないパールブローチを利用して、真珠のネックレスに着けられるペンダントヘッドにリフォーム

K18パールブローチを豪華なペンダントヘッドにジュエリーリフォーム

こんにちは。

ジュエリープラザルピナスの中村一弘です。

本日は、使っていないK18パールブローチのリフォームのご紹介です。

使っていないK18アコヤ真珠パールブローチ

お客様のお話によると、

「息子の結婚式があるんだけど、真珠のネックレスを着けていこうと思ってるけど、それだけだと物足りないんだ。
このブローチは使わないから、この真珠を使って真珠のネックレスにさげられるようなペンダントを作ってほしいの。」

ということでご相談にお越しくださいました。

お客様の真珠のネックレスは8mm前後といこと、お持ちくださいましたK18ブローチの真珠はあこや真珠で約9mmほどの大きくてきれいな品質でした。

デザインに関しましては、お客様ご自身もどのようなデザインが良いのか分からないということでしたので、当店の真珠のペンダントやカタログをご覧いただきながら、真珠のネックレスに負けないようにある程度のボリューム感を出しながら

  • しずく形にする
  • キラキラ感が出すぎない程度に、メレーダイヤモンドで取り巻く
  • 使っていないダイヤ2石があるから、これも使用する
  • 素材はプラチナ
  • 真珠を外したK18枠は下取りをする

というような内容で、簡単なデザインを描きながら、お作りさせていただくことになりました。

製作途中。

当店で石枠を製作、メレーダイヤモンドは直径1.2mmの小さなサイズをご用意しました。
1石1石しっかりと輝く品質を選んだ後、専門の石留め職人さんに石留めをお願いします。
(右上の少し大きめのダイヤモンドはお客様がお持ちくださったものです。)」

ご依頼を受けてから約1か月。

豪華なあこや真珠のペンダントヘッドが完成いたしました。


真珠のネックレスに取り付けるパーツはジョイントバチカンというもので、バチカン部分が開くような作りになっており、ネックレスの取り外しが出来ます。

お客様からは

「重量感があって豪華で良い感じ!
ブローチのままだと使うことがなかったから、今度は着ける機会が増えると思う。
ありがとう!」

というお言葉をいただきました。

今回ご紹介させていただきましたお客様は、
こちらのブローチをリフォームする前には、ご子息様と一緒にご来店になり、お客様の指輪を利用して、婚約指輪・結婚指輪をお作りさせていただいております。

結婚指輪
P平甲丸リングの結婚指輪
ご子息様のお母さまのメレーダイヤモンドを利用して製作した結婚指輪

婚約指輪結婚指輪のデザインを決める際にはお嫁さんもご来店になり、ご家族の皆さまで当店をご利用くださいました。
とても明るくて誠実な皆さまで、心から感謝しております。ありがとうございました。

本日は、使わないK18パールブローチのジュエリーリフォームをご紹介させていただきました。
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

ジュエリープラザルピナス
    中村 一弘

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です